じばさんいいだ 売店
長野県の南信州 飯田・下伊那地方の知られざる「美味い物」や
「隠れた逸品」を紹介する 南信州・飯田産業センター の売店です。


極小こうや


 「極小こうや」は挽肉の代わりなどにご利用いただく事で
 いろいろなお料理にお使いいただけます。





 大きさのイメージとしてはインスタントの味噌汁
 によく入っているお豆腐の大きさが近いと思い
 ます。
 小さなサイコロ状ですので、ご飯に入れたり、
 煮物や汁物の具材として重宝します。
 挽肉の代わりに使えば、ヘルシーでボリューム
 のあるお料理になります。


 内容量   100g
  302円(税込)





極小こうや レシピ 一例




  材料(4人分)
   極小こうや…20g  米…2合  水…470cc
   しめじ…100g  舞茸…100g
  調味料
   本だし…小さじ1  醤油…小さじ2
   塩…小さじ1/3  酒…小さじ1

 作り方
  @ しめじ、舞茸は石づきをカットして洗い、手で
    一口サイズにほぐしておきます。
  A 調味料と水を合わせておきます。
    高野豆腐が水を吸いますので、
    水は米の1.3倍くらいを目安にして下さい。
  B Aで作ったものに
    高野豆腐・洗った米・しめじ・舞茸を入れて
    ご飯を炊きます。
  C 炊き上がったら軽く混ぜて
    15分くらい蒸らしたら完成です。
  
高野豆腐の炊き込みご飯


  炊き込みご飯の具材に高野豆腐を入れるだけ!
  高野豆腐は下ごしらえ不要なので、炊飯前に振りかけるように投入して、炊き上げるだけです。

 注意点
  @ 高野豆腐が水を吸い込みますので、通常の炊飯より水加減は少し多めが良いです。
  A 高野豆腐は、塩分を含まないダシ汁や水で煮込みますと溶けてしまいます。
    必ず塩分を含んだダシ汁で炊き込んで下さい

 ※ 信州ではキノコを入れた炊き込みご飯が多いかと思います。それぞれの土地に伝わる炊き込みご飯や
   斬新なアレンジによる炊き込みご飯などにお使いいただけると幸いです。
 




里芋の鶏そぼろあんかけ


  材料(4人分)
   極小こうや…30g  里芋…1袋  
   鶏ひき肉…150g  水溶き片栗粉…適量
  調味料@
   だし汁…2カップ  醤油…大さじ2
   砂糖…大さじ1  みりん…大さじ1
  調味料A
   醤油…大さじ1/2  みりん…大さじ1/2

 作り方
  @ 里芋の皮を剥き、3等分にカットして下茹でを
    しておきます。
  A サラダ油でひき肉を炒めて、火が通ったら
    調味料Aを加えて味を付けます。
  B 調味料@に下茹でした里芋と
    高野豆腐を入れて、煮込みます。
  C 火を止めて水溶き片栗粉を入れたら
    とろみが付くまで再度加熱して完成です。

  極小こうやを使う事で鶏肉の量を減らした、ヘルシーな餡かけができます!
  高野豆腐は面倒な下ごしらえの必要はありません。
  具材を煮込む時に振りかけるように入れるだけです。

 ※ ひき肉の代わりに高野豆腐を使いますので、様々なアレンジに応用できると思います。
 



アイデア次第で
いろいろなお料理にお使いください。